60歳の英会話「Over還暦プラン」

group_old

日本では、定年の時期は60歳以降であることが一般的です。その定年になる60歳を過ぎたら、海外旅行を楽しみたい、などと考えている方は少なくありません。ですが、ツアー旅行では本当の意味での旅行を楽しむことはできず、ストレスを抱えて帰国した経験が多く聞かれます。つまり、海外旅行を本当に楽しむなら、英語を話すことは必要不可欠であり、英語を使いこなすことができるようになれば、どの国へも旅行することができるようになるのです。

ですが、一般的な英会話スクールなどでは、若い世代を中心に授業が行われます。若い世代の多くは、ビジネスや進学、就職の際に必要な英語を学んでおり、60歳以上のシニア世代には不向きな事もあります。

そこで今注目されているのが、セカンドライフを楽しみたいとする60歳以上の方を対象とした英会話の「Over還暦プラン」です。「Over還暦プラン」とは、レッスンは少人数制で人気であり、定年後の海外旅行に向けて英会話を学んでいる方がほとんどのプランなのです。つまり、同じ目標を持った者同士が集まった英会話クラブであるため、そこで友人を増やしたり、互いに切磋琢磨しながら英語力を磨くことも可能になるのです。

そこで、なぜ60歳以上の方を対象とした英会話が人気を集めているのか、その理由について紐解いていきます。

まず、海外旅行のために英語に特化しているためです。旅行の際に必要な英語は、ビジネスなどの英語と異なります。ビジネスの場面などで用いる英語は、堅苦しく丁寧過ぎることがほとんどです。互いに誤解がないように配慮する必要もあり、日常使う英語とも異なる点が多いものです。ですが、海外旅行で必要な英語は、日常に用いる英語と近いとされています。特に、現地の方とのコミュニケーションが大事になる場面が多いため、伝わりやすく、一般的に用いる英語が好まれます。特に旅行では、ホテルやレストラン、買い物など、そこで働く人との会話が大切になります。こうした場面で使いやすいフレーズや自分の気持ちを端的に表す表現などを覚えておくと役立つものです。

ですから、定年後の海外旅行に向けて英会話を学べる「Over還暦プラン」は、60歳以上の方に最も適した英会話クラブであると言えます。英語が苦手な人でも分かりやすくレッスンが行われるため、誰でも安心して始めることができます。また、少人数制のレッスンなら質問もしやすく、海外旅行に役立つ英会話の上達が驚くほど速くなることも分かっています。

特別な贈り物、還暦祝いのプレゼントにどうぞ